住宅確保のためのお金





住宅は買うにしろ借りるにしろ、お金がかかってきます。よく雑誌などでは賃貸と購入ではどちらが得かなんていう記事を見ます。しかし、これはそんなに簡単に比較できる話ではありません。

年齢、考え方、生き方も含め人それぞれ、場所それぞれ。

同じ人でさえ、年齢やその時の社会状況、仕事、収入の多寡など様々な要因で変わってきます。

住宅取得する場合はたとえ金額が決まっているマンションや建売住宅であっても、その表示価格以外にかかる費用があり、頭金があります。いくら借りられるかではなく、またいくら返せるかでもなく、無理なく返済できるかによって住宅ローンの総額を決めていく必要があります。

そう、教育資金や老後資金の確保も残っているのです。

お金と家造り相談室 Toolbox

あなたのライフプランに基づいて、人生に置ける3大必要資金(教育費、住宅資金、老後資金)や保険の見直しなど様々なお金についてアドバイスします。 家造りについては、一級建築士として住宅設計の知識であなたの不安を解消し、資金の事から土地探し、家造りそしてその後の生活までトータルの提案します

0コメント

  • 1000 / 1000